最近のコメント

    診療予約

    院長の独り言 年末篇

    2018年12月28日
    By staff
    Home  /  ALL  /  院長の独り言 年末篇

    皆さんこんばんは!!

     

    札幌市は東区にある栄町消化器・内視鏡内科クリニック 院長の独り言です。

     

    この始まりはすごく久しぶりです。

     

    2018年も残すところあと数日ですね。

     

    皆さんにとってどんな一年でしたか?

     

    スポーツでは今年の流行語大賞「そだね~」の冬季オリンピックに始まり,高校野球は大阪桐蔭高校の春夏連覇,そしてプロ野球はわが広島東洋カープのセ・リーグ3連覇。

     

    サッカーでは札幌コンサドーレが大健闘。

     

    いいニュースばかりではなく,レスリング会のパワハラからアメフト問題,そして,最後は相撲業界の暴力事件といろいろ話題の多い一年でした。

     

    皆さんは何が一番記憶に残っていますか?

     

    そして社会情勢では,なんといっても北海道胆振東部地震ですよね。ブラックアウトから液状化による道路の陥没。

    地震発生停電後クリニックに車できましたが,あの真っ暗な中での走行は今でも覚えています。

     

    そして天皇退位の決定,消費税増税,GW10連休決定など,来年にむけた決定も多くなされました。

     

    栄町消化器・内視鏡内科クリニックは,2018年3月からスタッフが増え,4月からは2年目に突入しました。

     

    そして休日当番は1月1日元旦と12月24日クリスマスイブ。いずれも140名を超える患者さんがご来院され,クリニック内は大パニックでした。

     

    患者さんも近隣から遠方では網走,稚内,根室,函館,大樹町,岩内町,知床などからもご来院いただきました。

     

    当院も明日12月29日で今年最後の診療を終了します。

     

    本当にすばらしいスタッフと業者の方々に恵まれています・・・。本当にありがとう・・。

     

    2019年もみなさんにとって良い年になりますように・・・。

     

    あ,今年は宝くじを買うのを忘れました!!!

     

    Categories:
      ALL, その他, ブログ
    this post was shared 0 times
     000